会社でしなくていいこと|pcの復旧を急ぎたいならプロに依頼|現代の主役
男の人

pcの復旧を急ぎたいならプロに依頼|現代の主役

会社でしなくていいこと

ディスクケース

大量の場合はお任せしよう

大量にあるDVDのダビングは、会社でやろうと思うと、時間が取られます。こういうことは、専門の業者に任せてしまうのが一番です。例えば、お客様に配る、資料映像のDVDです。会社を長くやっていると、昔はビデオだったのにそれをDVDにしなければならない場合、ダビングが必要です。業者では、専用の機械を使いダビングをします。その為、画質を損なうことがありません。また、社員研修用のDVDです。これは、新入社員が入るたびに必要なものです。マスターデータさえあれば、簡単にダビングをしてくれます。また、研修用のDVDは社外秘である場合があるので、コピーガードをつけてくれるサービスもあります。会社の大切なデータを損なうことなく、ダビングをしてくれるので、安心できますね。こうした理由から、たくさんの会社がDVDのダビングを業者に利用しています。

内容や料金は要確認

また、DVDのダビング業者は、会社で行った講習会の様子を撮ったものまで編集も兼ねてダビングしてくれるところがあります。この依頼をする場合、きちんと不要な部分を伝える必要があります。もし、きちんと伝えなければ、必要な部分をカットされてしまいます。また、法人の場合、売掛での販売を行うこともあります。ただし、この場合審査が必要です。もし、急ぎの場合は、現金で支払うほうがいいでしょう。当日に仕上げてくれる業者も多くあるのですが、その場合、基本料金とは異なります。特別料金がかかる場合があるので、確認しましょう。でも、即日仕上げでできるのは、すごくありがたいですよね。今でも会社でダビングを行っているなら、こういった業者を依頼するのもひとつの手です。人の手が空く分、他の仕事が進むのでおすすめです。